中山大障害(2010) - 競馬の的中率を上げる術

メインinfo用

メインinfo用エリア

中山大障害(2010)

中山大障害(2010)

有馬記念の前日に中山競馬場で行われるジャンプレースのG1・中山大障害。
単勝人気別の成績から傾向を見てみると、過去10年で3着以内に入った計30頭のうち25頭が5番人気以内の馬でした。
中でも最も成績が良いのは2番人気の馬で、(3・3・3・1)。
最多となる3頭の勝馬を出し、90%という高い複勝率を叩き出していました。
ちなみに1番人気は(2・3・0・5)、3番人気が(2・1・1・6)、5番人気も同様に(2・1・1・6)という成績でした。
5番人気以内で唯一勝馬を出していないのは4番人気で、(0・0・3・7)。
上位人気馬の中でも4番人気に限っては、3着馬を3頭出してはいるものの連対馬が一頭もいないという苦戦傾向が見られました。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 競馬の的中率を上げる術 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。